広島の頼れるかかりつけ医&病院・医院・クリニックに出会える健康情報サイト


広島の頼れるかかりつけ医&病院・医院・クリニックに出会える健康情報サイト 広島ドクターズ

 

病名・症状・キーワードからお医者さんレポートを探す かかりつけ医は、「病気を治す」だけでなく、「病気を近づけない」ための強い味方。信頼できるかかりつけ医を見つけることは、大切な家族の健康を守る安心の第一歩なのです。 広島県では、県民一人ひとりががんをより身近なものとして捉え,がん検診の重要性についての意識が高まるよう、がん検診の普及啓発や受診率の向上に力を入れています。 広島ドクターズのサイト運営会社「株式会社和多利」は、広島県「がん検診へ行こうよ」推進会議会員に所属しており、広島ドクターズを通じて広島のがん検診受診率アップに貢献したいと考えています。



広島の病院・医院をエリア別に探す
広島の病院・医院を診療科目別に探す
 
今月のピックアップレポート
口の中の細菌を上手にコントロールして、むし歯や歯周病を予防。
 有田 竜二 先生
(有田歯科医院)
 
よく検索されている病名・症状
咽喉頭異常感症(喉が詰まった感じ 引っかかる感じ 飲み込む 飲み込みにくい 喉仏 違和感)

過活動膀胱(尿意切迫感 原因 ストレス 歩くと尿意)

乳がん(初期 治療 早期発見 早期 治る)

貧血 息切れ

形成外科とは

胃の不調(胃が気持ち悪い 胃の調子が悪い 吐き気 胃が変な感じ 胃が悪い 違和感 胃が重たい 胃がおかしい 胃部不快 胃もたれ 頻繁)

嘔吐 下痢 熱

子宮筋腫(5センチ 経過観察 大きさ 6センチ 1センチ 健康診断 2センチ そのまま 様子見 手術)

小児てんかん(てんかん 子供 てんかん発作 症状)

リウマチ(朝起きると指の関節が痛い 朝のこわばり 寝起き 朝起きると足首が痛い)

摂食障害(食べて吐く 病気 食べる 罪悪感 吐く)

膀胱炎(繰り返す 婦人科 大腸菌)

変形性膝関節症(膝が重い)

不安障害(胸苦しい 緊張すると息苦しくなる 外出 息苦しい 急に不安になる 病気 動悸 不安 過呼吸)

流涙症(涙腺 詰まる 原因)

メニエール病(症状 耳の閉塞感 めまい 発作 耳閉感)

脳神経内科とは(脳神経症状)

甲状腺ホルモン異常(甲状腺 吐き気)

機能性ディスペプシア(吐き気)

心の不調予防(精神病にならないために)

頭部外傷(たんこぶ すぐ消えた)

胆石症(血液検査異常なし)

糖尿病(インスリンが不足すると)

 

自分にあったかかりつけ医をみつけよう!広島の医院・病院ガイド

自分にあったかかりつけ医をみつけよう!

西原セントラルクリニック(安佐南区)
西原セントラルクリニック(安佐南区)
よしだハートクリニック(中区)
よしだハートクリニック(中区)
医療法人 崇光会 山村整形外科
医療法人 崇光会 山村整形外科(佐伯区)
 
新着お医者さんレポート
 
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
 

【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
「膝がいつもと違う」これって、変形性膝関節症の初期症状?!関節が動きにくい、痛くて動かせない、正座や長座ができない、そんな膝の悩みについて、関節鏡視下手術がご専門の日域淳一郎院長に伺いました。|日域整形外科クリニック||病気や症状。治療や予防に役立つ 病院・医院・クリニック情報サイト『広島ドクターズ』
(この記事は2014年1月20日時点の情報です)

日域淳一郎 先生(整形外科)

「膝がいつもと違う」これって、変形性膝関節症の初期症状?!

 
日域整形外科クリニック
【住所】広島市佐伯区五日市駅前1ー5ー18ー2F
【TEL】 082-943-7300
「膝がいつもと違う」これって、変形性膝関節症の初期症状?!関節が動きにくい、痛くて動かせない、正座や長座ができない、そんな膝の悩みについて、関節鏡視下手術がご専門の日域淳一郎院長に伺いました。変形性膝関節症 関節が動きにくい いつもと違う 動かない 痛くて動かせない コラーゲン成分 半月板 半月板損傷 関節鏡視下手術 リハビリ 変形性膝関節症の兆候 症状 原因 可動域 関節 違和感 不快感 湿布 階段が降りれない 股関節 足底板 膝関節 屈曲拘縮 正座 長座 膝が重い 膝がだるい 膝の変形 変形 レントゲン検査 O脚 ヒアルロン酸 軟骨 日域整形外科クリニック 広島 佐伯区 五日市駅前
スポーツ医学、膝関節外科を専門とする日域院長。スポーツに伴う障害から高齢者特有の運動器治療まで、多くの実績を持つ。
 
朝、布団から出ようとしたら「何だか膝がおかしい?!」と感じたことはありませんか? 時間が経てば普段通り動くようになるので、「まぁ、いいか」と見過ごしがちですが、変形性膝関節症の兆候かもしれませんよ。
中高年になって膝が痛くなる原因で最も多いと言われる変形性膝関節症。しかも女性がかかる割合が高いと言います。運動に自信のある方でも、病気について正しい知識を持ち、膝に負担を掛けない生活を心掛けたいものです。
今回は、日域整形外科クリニックの院長、日域淳一郎先生に、変形性膝関節症についてお話を伺いました。症状や診断方法、先生のご専門である膝関節の「関節鏡視下手術」についても、分かりやすくご説明頂きました。

「変形性膝関節症」とはどんな病気なのですか?

膝関節の表面は、コラーゲン成分を含む軟骨で覆われています。その軟骨の水分が年齢と共に失われていくと、乾燥でお肌がカサカサになるのと同じように、関節の中も様々な変化をきたします。弾力性を失い、すり減り、変形するなど軟骨が傷つくことで、徐々に足のバランスが崩れてしまい、膝の内側に負荷がかかることで痛みや動きが制限されるといった障害が生じます。
膝関節は体重を支え、私たちが立ったり歩いたり体を動かすために、大切な役割を果たします。この体重を支持する機能を「荷重機能」と言い、関節の動く範囲を「可動域」と言いますが、この2つが破綻したものが「変形性膝関節症」です。

症状についてお聞かせください。

いきなり痛みが現れて膝が動かなくなるのではなく、「膝が重い、膝がだるい」といった違和感、不快感から始まるのが変形性膝関節症の特徴です。
例えば、新幹線に4時間ほど乗って、駅に着いたので立ち上がろうと思ったら、どうも足がぎくしゃくして動かない。人の流れについていけない。階段が降りれない。そういったちょっとした日常動作で、「あれ?普段と違うぞ」と感じる兆候が、変形性膝関節症の初期に起こります。
ただ動き始めの動作がつらくても、ある程度体を動かしているうちに普段通り動くようになるので、「病院に行く程でもないかな?」と放置してしまいがちです。湿布を貼ってしばらくは様子を見ようと思っていたら、段差でつまずいたり、ぶつけてケガをしてしまい、それがきっかけで初診に来られる方も多いです。
変形性膝関節症は、初期段階から病気についての理解を深め、注意して生活すればそれほど悪くはならないので、膝に痛みがなくても違和感や不快感がある方は、一度専門医にご相談されることをおすすめします。

痛みが出る頃にはかなり変形が進行しているのですか?

膝関節内部の炎症が進むと痛みが現れたり、膝に水が溜まることがありますが、変形の度合いと痛みとは、必ずしもイコールではありません。もちろん変形が強くて膝関節の支持性が低下すると、動きが悪くなり痛みも誘発されやすくなりますが、必ずしもレントゲン所見と症状とは一致しないことが多いです。
例えば、農業をなさる方でO脚が強くて変形が進んでいても、一生懸命、畑作業をされている方がいらっしゃいますよね。ご本人も「痛くない」とおっしゃる。それは膝の変形はあっても、それに似合った生活がまかなえていて、関節がうまく機能しているからです。
変形した骨というのは、元通りに戻すことはできません。ですから変形性膝関節症の治療は骨を正常な状態に治すものではなく、その方の生活に即した関節作りを目指すものとなります。
変形が強まったことで、しゃがみこみができない、膝が完全に伸びない、痛くて動かせないなど、関節を無理なく動かせる範囲(可動域)が制限されてしまうと、日常生活に様々な支障が出てしまいますので、それをいかに痛みがなく普通に生活できるように動かせるかを目指して、その方の状態に合った治療やリハビリを行います。

膝がちゃんと曲がるように治療していくのですね。

膝の動きが悪くなるのは、膝関節が曲がらないからだと思うかもしれませんが、どちらかと言うと、膝が伸びないことで動きが制限されるケースが多いんです。正座はできるけど、足を前へ伸ばして座る長座ができなくてお困りの方が多いのではないでしょうか。
伸ばす動作が制限されることを「屈曲拘縮(くっきょくこうしゅく)」と言うのですが、膝が曲がったまま完全に伸ばせない状態が続くと、膝関節周囲の筋や腱などが短縮してしまい、筋肉が十分に活動できなくなってしまいます。次第に左右の脚の長さが大きく異なってくると、下を向いて不安定な歩行をするようになり、体のバランスが崩れ、膝への負担はますます大きくなっていきます。そのまま伸ばす努力をしないでいると、曲りはさらに強くなって活動レベルの低下につながるため、伸びの悪さを改善するためのリハビリが非常に重要になります。

どんな方が変形性膝関節症にかかりやすいのですか?

関節軟骨の老化によることが多く、年齢が高くなるに従って患者数は多くなります。詳しい理由は明らかではないですが、女性の方が男性の1.5〜2倍と多いです。変形性膝関節症の発症・悪化要因については、老化の他に肥満、外傷、関節リウマチのような炎症性疾患が考えられます。
あと、長時間正座を強いられるお仕事ですとか、重量物を運搬されるお仕事など、生活環境で同じような動作を繰り返している方や、農業や林業・漁業のようなハードワークをされている方は都会の生活に比べると多いかもしれません。
また、アジア特有の農耕民族的な体型は騎馬民族的な西洋人に比べるとO脚が多く、O脚は膝の内側に負担がかかりやすいため、変形性膝関節症にかかる人が多いと言われています。

変形性膝関節症の診断はどのように行うのですか?

変形性膝関節症では正常から末期まで、5つのグレードに分類し、診断評価を行います。レントゲン検査では、骨の隙間の厚み、変形の度合い、骨のバランスや角度、骨棘(こつきょく)と言って骨のトゲがどういう風に出ているかなどを確認します。
視診と触診では、膝の動きはどうか、支持性はあるか、横ブレがないか、片足立ちができるかといった機能面を調べていき、最も大切な問診では、患者さんが実際に感じてらっしゃる具体的な症状について伺っていきます。

変形性膝関節症の治療についてお聞かせください。

第一選択は保存治療です。余ほどのことがない限り、即手術ということはないです。
まず痛みが主で来られるわけですから、痛みを減じる方法として内服のお薬、外用剤、あと注射ですね。ヒアルロン酸注射は痛みを抑えるだけでなく、軟骨を保護する性質もあるので、最近はヒアルロン酸治療が多く取り入れられています。
装具療法としてサポーターを付けたり、足底板といって足の底につける中敷で、足の外側を少し高くし、体重のかかり具合を調整します。
生活面では、電話が鳴ったから急いで立ち上がるとか、呼び止められてすぐ後ろを振り返るとか、膝に負担がかかる急激な動きをしないように日常動作に注意して、膝関節を守る生活を意識します。体が冷えると痛む方が多いので、冷えは禁物ですね。

リハビリも行うんですね。

リハビリでは、関節の動きを獲得するためのトレーニングも行いますが、筋力強化や体力向上も重要です。
膝関節は股関節のようなソケット状のはまりの良い関節ではなく、板の上にボールが乗っているようなとても不安定な関節で、それを筋肉や靭帯が支えて安定化させているわけです。筋肉が痩せて活動しなくなると、体重の4倍から8倍とも言われる膝にかかる荷重が分散されず、膝関節に直接吸収されます。骨への負担を減らすためにも筋肉を鍛える筋トレは大切ですし、あと、体重が重いほど膝への負担が大きいため、体重コントロールも必要です。
痛みがあると筋肉が委縮して、膝に余分な負荷がかかってきますので、まずは痛みを止めて、痛みが治まった状態でリハビリを開始します。

外科的治療についてお聞かせください。

保存療法では改善が難しく、半月板の損傷や軟骨が剥がれかけていることで痛みがある場合、「関節鏡視下手術」が行われます。関節鏡視下手術とは、分かりやすく言うと、膝の中にカメラを入れる内視鏡手術です。
関節に7伉度の小さな穴を開け、太さ7mmほどのカメラを入れて、半月板の傷んだ部分を切除したり、縫合することができます。関節を殆ど損傷せずに関節内部の操作ができるので、患者さんへの負担が少ない手術が可能です。
O脚に対して関節の並びを整える「高位脛骨骨切り術」という方法もありますが、最近では人工膝関節手術で早期に日常生活に復帰する方も増えました。

膝関節の関節鏡視下手術は日域先生の専門分野なんですね。

関節鏡視下手術は日本で開発された手法なんです。関節鏡の発展により、関節内部の細かい作業ができるようになったことで、痛んだところだけを集中治療して、正常に近い状態まで持っていく手術が可能になりました。
20年30年前までは、スポーツや事故で半月板を損傷した場合、正常な組織も含めて半月板全てを取ってしまうことが多かったんです。取ればすっきりして歩けるわけですけど、10年20年経つと軟骨が傷んできて、レントゲンにも変化が出てきます。それでは良くないということで、切除すべき箇所は切除し、残すべきものは残して機能を維持しようという治療が見直され、関節鏡視下の進歩によって実現できるようになりました。今では、組織を温存して関節を守る治療が広く行われています。

「膝がいつもと違う」これって、変形性膝関節症の初期症状?!関節が動きにくい、痛くて動かせない、正座や長座ができない、そんな膝の悩みについて、関節鏡視下手術がご専門の日域淳一郎院長に伺いました。変形性膝関節症 関節が動きにくい いつもと違う 動かない 痛くて動かせない コラーゲン成分 半月板 半月板損傷 関節鏡視下手術 リハビリ 変形性膝関節症の兆候 症状 原因 可動域 関節 違和感 不快感 湿布 階段が降りれない 股関節 足底板 膝関節 屈曲拘縮 正座 長座 膝が重い 膝がだるい 膝の変形 変形 レントゲン検査 O脚 ヒアルロン酸 軟骨 日域整形外科クリニック 広島 佐伯区 五日市駅前
リハビリ室の拡大とともにリハビリ治療機器がさらに充実。スタッフを増員して、生活の質(QOL)の改善に力を注ぐ。
 

変形性膝関節症の治療で大切なことは?

変形性膝関節症では元の状態に戻すことが治療の目的ではなく、いかに患者さんが過不足なく通常の生活に復帰できるかが大切です。関節が動きにくい、痛くて動かせないなど、日常動作での不満や症状に対して改善できることはたくさんありますので、湿布を貼ってごまかしたり、健康維持食品や民間のマッサージに頼っても症状が一向に回復しないようでしたら、専門医に相談されることをおすすめします。
民間療法が悪いとは言いませんが、改善されないまま続けていても、そこに費やす時間とお金がもったいないと思います。変形性膝関節症に限らず病気の自己判断は重症化を引き起こすことがありますから、やはり症状や不調を自覚しているのでしたら、医療機関を受診して、不調の原因を突き止め、原因を解決する治療を受けるべきですね。

最後に「広島ドクターズ」の読者にアドバイスをお願いします。

痛みは我慢しない方がいいです。「これぐらいの痛みなら乗り切れる」と思わずに、ちゃんと痛みの原因を探り、痛みを軽減させる努力を選択した方がいいと思います。「痛み止めは一時的でしょ?」とおっしゃる方がいますが、一時的でもいいんです。一時的に痛みがなくなれば、今度はその状況をいかに長く保つかを考えていき、症状に合った治療を探っていけばいいのですから。
日本人は痛みを我慢する方が多いです。お年寄りの方は特にそうですが、どうか1人で我慢されず、痛みのない人生を送ってもらいたいと思います。


医師のプロフィール

日域淳一郎先生

●順天堂大学医学部卒業
●広島大学医学部 整形外科学教室入局
●東洋病院(現マツダ病院)整形外科勤務
●県立広島病院 整形外科副部長
●広島逓信病院 整形外科
●広島共立病院 整形外科
●広島大学医学部より医学博士学位授与
●済生会広島病院 整形外科

‐資格・所属学会‐
・日本整形外科学会専門医
・日本整形外科学会認定 運動器リハビリテーション医
・日本リハビリテーション医学会認定臨床医
・日本体育協会公認スポーツドクター
・日本医師会認定 健康スポーツ医
・身体障害者福祉法指定医
・中国テニス協会 医科学委員会 委員長
・広島県テニス協会 医科学委員会 副委員長
・広島陸上競技協会・科学委員会 委員・チームドクター
・広島県体育協会・スポーツ医・科学委員会 委員
・広島県体育協会・スポーツ医学部会 医学サポート班 副班長
・広島県医師会・スポーツ医部会 委員
 

 


 
 

■□■□ 2017年9月によく読まれた記事をCHECK! □■□■

 
喉のイガイガ、喉の違和感、異物感、喉に引っかかった感じがあるなどの不調があって、喉に意識が集中しストレスが溜まっていることはありませんか?

朝、起きた時に手や足の指が動かしにくい…「朝のこわばり」を感じたらチェックして。関節リウマチは高齢者特有の病気ではありません。

社会不安障害、パニック障害、強迫性障害など…強い緊張や不安によって様々な場面で起きる「不安障害」は、こころではなく脳の病気。

命にかかわる病気ではありませんが、経過観察と言われたら生理の変化に気を付けて。過多月経や月経痛がひどくなるなどの場合は早めに産婦人科に相談しましょう。


Produce : WCMS Developed : Netprompt