広島の頼れるかかりつけ医&病院・医院・クリニックに出会える健康情報サイト


広島の頼れるかかりつけ医&病院・医院・クリニックに出会える健康情報サイト 広島ドクターズ

 

病名・症状・キーワードからお医者さんレポートを探す かかりつけ医は、「病気を治す」だけでなく、「病気を近づけない」ための強い味方。信頼できるかかりつけ医を見つけることは、大切な家族の健康を守る安心の第一歩なのです。 広島県では、県民一人ひとりががんをより身近なものとして捉え,がん検診の重要性についての意識が高まるよう、がん検診の普及啓発や受診率の向上に力を入れています。 広島ドクターズのサイト運営会社「株式会社和多利」は、広島県「がん検診へ行こうよ」推進会議会員に所属しており、広島ドクターズを通じて広島のがん検診受診率アップに貢献したいと考えています。



広島の病院・医院をエリア別に探す
広島の病院・医院を診療科目別に探す
 
今月のピックアップレポート
口の中の細菌を上手にコントロールして、むし歯や歯周病を予防。
 有田 竜二 先生
(有田歯科医院)
 
よく検索されている病名・症状
咽喉頭異常感症(喉が詰まった感じ 引っかかる感じ 飲み込む 飲み込みにくい 喉仏 違和感)

過活動膀胱(尿意切迫感 原因 ストレス 歩くと尿意)

乳がん(初期 治療 早期発見 早期 治る)

貧血 息切れ

形成外科とは

胃の不調(胃が気持ち悪い 胃の調子が悪い 吐き気 胃が変な感じ 胃が悪い 違和感 胃が重たい 胃がおかしい 胃部不快 胃もたれ 頻繁)

嘔吐 下痢 熱

子宮筋腫(5センチ 経過観察 大きさ 6センチ 1センチ 健康診断 2センチ そのまま 様子見 手術)

小児てんかん(てんかん 子供 てんかん発作 症状)

リウマチ(朝起きると指の関節が痛い 朝のこわばり 寝起き 朝起きると足首が痛い)

摂食障害(食べて吐く 病気 食べる 罪悪感 吐く)

膀胱炎(繰り返す 婦人科 大腸菌)

変形性膝関節症(膝が重い)

不安障害(胸苦しい 緊張すると息苦しくなる 外出 息苦しい 急に不安になる 病気 動悸 不安 過呼吸)

流涙症(涙腺 詰まる 原因)

メニエール病(症状 耳の閉塞感 めまい 発作 耳閉感)

脳神経内科とは(脳神経症状)

甲状腺ホルモン異常(甲状腺 吐き気)

機能性ディスペプシア(吐き気)

心の不調予防(精神病にならないために)

頭部外傷(たんこぶ すぐ消えた)

胆石症(血液検査異常なし)

糖尿病(インスリンが不足すると)

 

自分にあったかかりつけ医をみつけよう!広島の医院・病院ガイド

自分にあったかかりつけ医をみつけよう!

西原セントラルクリニック(安佐南区)
西原セントラルクリニック(安佐南区)
よしだハートクリニック(中区)
よしだハートクリニック(中区)
医療法人 崇光会 山村整形外科
医療法人 崇光会 山村整形外科(佐伯区)
 
新着お医者さんレポート
 
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
 

【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
推定患者数1,000万人以上!胆石症に気をつけて!「胆石症」の症状・治療について 【医療法人社団恵正会 中岡内科 副院長 山崎総一郎先生】|病気や症状。治療や予防に役立つ 病院・医院・クリニック情報サイト『広島ドクターズ』
(この記事は2012年11月1日時点の情報です)

山崎総一郎 先生(内科)

推定患者数1,000万人以上!胆石症に気をつけて!

 
医療法人社団恵正会 中岡内科
【住所】広島市安佐北区可部南2-14-14
【TEL】 082-819-3701

推定患者数1,000万人以上!胆石症に気をつけて!「胆石症」の症状・治療|医療法人社団恵正会 中岡内科 副院長 山崎総一郎先生
「病気のことや、不安な気持ちなど、どんなことでもお気軽にご相談ください」と笑顔で話してくれる山崎先生。
 
近年、食生活の欧米化で増えているといわれる「胆石症」。石と聞くと、すごい痛みを想像しますが、近年は無症状のものが増えています。「宴会が増える年末年始は特に食生活には注意が必要」そう話すのは、医療法人社団恵正会 中岡内科の山崎総一郎先生。「胆石症」の症状や治療についてお話を伺いました。
 

胆石症について詳しくお聞かせください。

“食後に、みぞおち辺りが痛む。病院で胃カメラ検査や血液検査は異常なし。仕方なく、市販の胃薬でごまかす―。”

そんな人は、胆道に結石ができる胆石症が疑われます。胆石症の推定患者数は1000万人以上ともいわれており、患者は女性に多く、男性の2倍。特に40歳以上の女性は要注意で、全体の5%、70歳以上になると15%の人が胆石症とのデータもあります。高脂血症の人や太った人に多く、主にコレステロールが原因とされています。 

胆石症の症状についてお聞かせください。

石と聞くとすごい痛みを想像しますが、結石ができる場所によって症状が全く異なります。胆石症のうち、胆のうにできる胆のう結石が全体の80%と圧倒的に多いのですが、ほとんどが痛みなど全くない無症状。サイレントストーンとも呼ばれます。

痛みがないため病気に気付かない牘れ胆石瓩凌佑多くいます。でも、放っておくと、脂っこいものを食べた後に、胆石疝痛(せんつう)と呼ばれる症状が出ることも。右の肋骨下やみぞおち辺りに痛みが起こることが多く、熱が出る場合もあります。
原因は、結石が胆のう管や胆管に詰まって炎症を起こすことなど。結石が胆のう管入り口に引っ掛かって、一時的に痛みが起こる場合もあります。

一方、激しい腹痛、吐き気、黄だんなど何らかの症状が出た場合は、胆管結石が考えられます。さらに、胆汁中の細菌が血液に入り込んで敗血症などを起こしたり、膵(すい)液の十二指腸への流れを結石が妨げることで急性膵炎を併発することもあります。
胆管結石の場合、適切な処置をしなければ命に関わるため、すぐに治療を開始します。また、胆管結石でも、高齢者は痛みを感じない方が多く、急に黄だんが出たり、熱が下がらないため検査すると結石だったということもあります。
 
推定患者数1,000万人以上!胆石症に気をつけて!「胆石症」の症状・治療|医療法人社団恵正会 中岡内科 副院長 山崎総一郎先生
空間にゆとりを持たせた清潔感のある中岡内科の診療室。
 

どのような検査をするのでしょうか?

血液検査と併せて行う画像検査(エコー、CT、MRI、内視鏡的逆行性胆道造影検査など)を行い確診断します。このうちエコーは、朝食を抜いて受診すれば、すぐにできる検査です(健康保健が適用される場合も多く、2割負担の場合は1060円)。胆のう結石は、人間ドックの多くにエコー(超音波検査)が加わったことで、数多く発見されるようになりました。

胆石との診断を受けても、痛みなどがなければ積極的に治療する必要はない場合もありますが、がんなどの危険がないか診断するために、1年に1回は受診する事をおすすめします。
 

どのような治療法がありますか?

診断の結果、胆のう結石症と診断され、症状が出た場合の治療法として、薬と手術の2つがあります。
薬は胆汁の組成バランスを整えて結石を消失させます。手術の場合は、石だけを取るのは技術的に難しい上、取ってもすぐ再発してしまいます。そのため、胆のうごと手術で取り除きますが、体への影響はほとんどありません。

胆石の予防・痛みなどの発作を防ぐには、食生活にも注意が必要です。特に年末年始などの宴会シーズンは、脂肪の多い食品を取る機会が増えますが、植物繊維を積極的に取るようにして、3食とも規則正しい食事を心掛けましょう。 
 
記事提供:広島リビング新聞社

医師のプロフィール

山崎総一郎 先生

●医療法人社団恵正会 中岡内科 副院長

・広島県医師会会員
 
医療法人社団恵正会 中岡内科の詳細
医療法人社団恵正会 中岡内科の詳細

 


 
 

■□■□ 2017年9月によく読まれた記事をCHECK! □■□■

 
喉のイガイガ、喉の違和感、異物感、喉に引っかかった感じがあるなどの不調があって、喉に意識が集中しストレスが溜まっていることはありませんか?

朝、起きた時に手や足の指が動かしにくい…「朝のこわばり」を感じたらチェックして。関節リウマチは高齢者特有の病気ではありません。

社会不安障害、パニック障害、強迫性障害など…強い緊張や不安によって様々な場面で起きる「不安障害」は、こころではなく脳の病気。

命にかかわる病気ではありませんが、経過観察と言われたら生理の変化に気を付けて。過多月経や月経痛がひどくなるなどの場合は早めに産婦人科に相談しましょう。


Produce : WCMS Developed : Netprompt