広島の頼れるかかりつけ医&病院・医院・クリニックに出会える健康情報サイト


広島の頼れるかかりつけ医&病院・医院・クリニックに出会える健康情報サイト 広島ドクターズ

 

病名・症状・キーワードからお医者さんレポートを探す かかりつけ医は、「病気を治す」だけでなく、「病気を近づけない」ための強い味方。信頼できるかかりつけ医を見つけることは、大切な家族の健康を守る安心の第一歩なのです。 広島県では、県民一人ひとりががんをより身近なものとして捉え,がん検診の重要性についての意識が高まるよう、がん検診の普及啓発や受診率の向上に力を入れています。 広島ドクターズのサイト運営会社「株式会社和多利」は、広島県「がん検診へ行こうよ」推進会議会員に所属しており、広島ドクターズを通じて広島のがん検診受診率アップに貢献したいと考えています。



広島の病院・医院をエリア別に探す
広島の病院・医院を診療科目別に探す
 
今月のピックアップレポート
健康やバランスの良い骨格形成と密接に関係している、整った歯並びについて
健康やバランスの良い骨格形成と密接に関係している、整った歯並びについて
 井藤一江 先生
(井藤矯正歯科)
 
よく検索されている病名・症状
咽喉頭異常感症(喉(の奥)が詰まった感じ 引っかかる感じ 飲み込み 違和感 異物感 飲み込みにくい 毛が詰まった(髪の毛がある)感じ 喉が塞がった感じ 常に喉に違和感)

過活動膀胱(尿意切迫感 原因 ストレス 歩くと尿意)

乳がん(初期 治療 早期発見 早期 治る 乳がんが見つかったら 治療法)

貧血 息切れ

形成外科って何

胃の不調(気持ち悪い 胃の調子が悪い 吐き気 胃が変な感じ 胃が悪い 違和感 胃が重たい 胃がおかしい 胃もたれ 頻繁 胃が動く 胃もたれみたいな気持ち悪さ)

嘔吐 下痢 (高)熱

尋常性疣贅(子ども 魚の目)

子宮筋腫(5センチ 経過観察 大きさ 6センチ 1センチ 健康診断 2センチ 様子見 手術 7センチ 子宮筋腫疑い 子宮筋腫があると言われたら 子宮筋腫が見つかったら)

小児てんかん(てんかん 子供 てんかん発作 症状 原因 子供のてんかん 後遺症)

リウマチ(朝起きると関節が痛い 朝のこわばり 寝起き 朝関節が痛い 夕方 指のこわばり)

摂食障害(食べて吐く 病気 食べる 罪悪感 吐く 食べて吐いての繰り返し)

変形性膝関節症(膝が重い 違和感)

不安障害(胸苦しい 緊張すると息苦しくなる 不安になると息苦しくなる 急に緊張するようになった 急に不安になる 強迫性障害 動悸 不安 過呼吸)

流涙症(涙腺 詰まる 原因 涙腺が詰まる)

メニエール病(精神科 耳が遠くなる めまい 耳閉感)

脳神経内科とは(脳神経症状)

甲状腺ホルモン異常(甲状腺 吐き気 気持ち悪い)

ほくろがん(ほくろ 滲出液 真っ黒なほくろ)

小児歯科矯正(矯正 何歳から)

気管支喘息(咳が止まらない)

機能性ディスペプシア(吐き気 機能性胃腸症 再発)

心の不調予防(精神病にならないために 現代 精神病 現代病 ストレス 精神疾患 予防)

頭部外傷(たんこぶ すぐ消えた 打ち所が悪い どこ)

溶連菌感染症(いちご舌 熱)

PMS ピル 避妊

白内障(水晶体 にごり)

胆石症(気持ち悪い)

前立腺肥大(40代)

 

自分にあったかかりつけ医をみつけよう!広島の医院・病院ガイド

自分にあったかかりつけ医をみつけよう!

西原セントラルクリニック(安佐南区)
西原セントラルクリニック(安佐南区)
よしだハートクリニック(中区)
よしだハートクリニック(中区)
医療法人 崇光会 山村整形外科
医療法人 崇光会 山村整形外科(佐伯区)
 
新着お医者さんレポート
 
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
 

【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
【広島ドクターズは暮らしに役立つ広島の地域医療情報が満載。その病気とは?どんな症状は?どんな治療をするの?予防ついて、広島のドクターが知りたい医療情報をレポート発信。広島の病院検索も広島ドクターズで】
広島のクリニックの先生を取材。病気の原因や症状、検診、地域医療のことを分かりやすく記事にまとめました。【お医者さんレポート】|病気や症状。治療や予防に役立つ 病院・医院・クリニック情報サイト『広島ドクターズ』

お医者さんレポート

広島の医師を取材して、病気の原因や症状、検診、地域医療のこと、先生の患者に対する思いなどを記事にまとめました。
エリアと診療科目を絞ってレポート一覧を検索することができます。

★エリア(広島)
★診療科目
キーワード検索
該当 91件   1   2   3   4   5   6  

小児矯正について|河野 信也先生|こうの歯科・矯正歯科(安芸区・矢野東)

子どもの歯並び、「出っ歯」「受け口」「開口」は顎の成長を促す小児矯正が有効。矯正装置や治療時期について説明します|こうの歯科・矯正歯科|河野 信也 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
気になる子どもの歯並びは、矯正歯科の専門医に気軽に相談
今まで子どもの歯並びが悪いなんて感じたことなかったのに、園や学校の歯科検診で歯並びを指摘されてショック…。見た目はきれいに整って生えているように見えるのに、どうして?
お子さんの虫歯予防に関しては、小児歯科で健診を受けたり、食事や歯磨きに気を配るお母さんが増えてきましたが、歯並びについてはよく分からないという方も多いのでは?今回は、一般の小児歯科診療のみならず、矯正専門医として子どもの歯の健康を幅広くサポートしている「こうの歯科・矯正歯科」の院長、河野信也先生に、小児矯正歯科についてお話を伺いました。小児矯正のメリットや矯正が必要なケースの症例、小児矯正で使われる矯正装置について、分かりやすく説明して頂きました。

痛みの少ない矯正と噛み合わせ|小跡清隆先生|こせき矯正歯科(西区・己斐)

「クリッピーブラケット」で、穏やかな力で歯を動かす痛くない矯正。歯並びよりも噛み合わせが歯周病に影響。食いしばり、歯ぎしり、頬杖が歯や顎に大きな負担|こせき矯正歯科|小跡清隆 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
痛みの少ない矯正治療/噛み合わせと、歯列に影響する生活習慣について
過去に矯正治療を受けた経験者の話を聞いて、「歯の矯正治療は痛いもの」といった先入観をお持ちの方は多いと思います。ですが、歯に無理な力をかけずに、摩擦抵抗を少なくして動かしていく治療法なら、痛みが少なく歯並びを改善することができるのです。今回のレポートは、日本矯正歯科学会認定の「専門医」の資格を持ち、3,300症例以上の矯正経験を持つ「こせき矯正歯科」の院長、小跡清隆先生に、痛みの少ない矯正治療について伺いました。また、お口の中だけでなく全身の健康にも影響する「食いしばり」「歯ぎしり」「生活習慣」のお話も聞かせていただきました。歯や顎に負担をかけないためにも、正しい噛み合せと口元をリラックスさせることを心がけましょう。

クラウン・ブリッジ・入れ歯/子どもと妊婦さんの治療|池田敦治 先生|池田歯科医院(呉市・阿賀中央)

クラウン・ブリッジや入れ歯を快適に。一人一人の噛み癖まで考慮する治療|池田歯科医院|池田敦治 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
クラウン・ブリッジや入れ歯を快適に。一人一人の噛み癖まで考慮する治療
毎日お口の中で身体の一部として働いてくれるクラウン・ブリッジや入れ歯。違和感やトラブルなく付き合っていきたいですよね。
今回は、呉の閑静な阿賀地区にある「池田歯科医院」の池田敦治院長に、お口の機能回復やクラウン・ブリッジ・入れ歯について、お話をうかがいました。
「ブラッシングってどうすればいいの?」「妊娠中って歯医者さんの治療を受けられるの?」「子どもが歯医者さんを怖がるんだけど…」そんな疑問やお悩みをお持ちの方へのヒントもいただきましたよ。

予防歯科について|野村昌利先生|野村歯科医院(安芸郡・府中)

子どもから高齢の方まで、虫歯・歯周病のない健康な歯を。生活習慣を見直して、予防の大切さに気付くことが大切。|野村歯科医院|野村昌利 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
虫歯・歯周病の患者さんがいない歯科医院を目指して予防歯科に注力
1987年の開業以来、小さなお子さんから高齢の患者さんまで、地域のかかりつけ医として親しまれてきた「野村歯科医院」。ここの歯科医院の特徴は、虫歯のない患者さんが多く通うこと。「治療が済んだら終わりじゃないんですよ。そこがスタートです」と話すのは、予防歯科に力を入れる院長の野村昌利先生。患者さんの生活習慣から見直し、歯を悪くする原因から解決する予防歯科を実践。優秀な歯科衛生士を揃え、質の高いデンタルケアと歯科ドッグに取り組んでいます。ただ、予防のための通院を患者さんに意識づけさせることは難しく、多くの歯科医院の課題であるといいます。野村先生はどのように、患者さんの予防意識を向上させているのでしょうか? 今回は患者さんの一生涯を見据え、お口の健康を守り続ける野村先生の診療にかける思いや展望についてお聞きしました。

レーザー治療/口腔内細菌管理|本山 智得 先生|本山歯科医院(中区・上八丁堀)

痛みを感じにくく切削音や振動が少ない。切断面がきれいな歯科用レーザー。お口の中から健康になる口腔内細菌管理。|本山歯科医院|本山 智得 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
進化する歯科治療。「レーザー治療」「口腔内細菌管理」について
技術の進歩に伴い、歯科治療の選択の幅はぐんと広がりました。その中でも、どのような治療ができるのか気になる人が多いのが、「レーザー治療」。導入する歯科医院が増え、レーザーを希望される患者さんも多いようです。
今回は、中区上八丁堀にある「本山歯科医院」の本山智得院長に、歯科レーザー治療で期待できる治療やメリットを伺いました。
また、「バクテリアセラピー」として女性雑誌に取り上げられ、多くの女性に注目されている「口腔内細菌管理」についても教えて頂きました。
本山先生は、広島県警察歯科医会専任理事を務め、安佐南区で発生した土砂災害の際は、被害に遭われた方の身元特定に尽力されたそうです。検案検死という歯科医師のお仕事についても、お話を聞かせて頂きました。

子供の虫歯予防について|岡本佳明先生|ひまわり歯科(安芸郡・海田)

虫歯菌から大切な子供の歯を守る小児予防歯科 規則正しい食生活とキシリトール・リカルデント・フッ素の活用 託児所を完備|ひまわり歯科|院長 岡本佳明 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
虫歯菌から大切な子供の歯を“100年”守るためにできること
大切な我が子の歯。いつまでも虫歯のない健康な歯で暮らせるようにするには、どうしたらいいの? 小児歯科に力を入れ、お子さんだけでなくお母さんも安心して歯科治療が受けられるように、院内に託児所を完備する「ひまわり歯科」。今回は、院長の岡本佳明先生に、子供の虫歯予防についてお話していただきました。今だけでなく、お子さんの将来のことを考えた虫歯予防。「子供の歯を守ることはこういうことなんだ」と感じさせられる、ママや妊婦さんに読んでいただきたいレポートです。

顎顔面矯正について|前田秀朗先生|前田歯科(安佐南区・上安)

顎が小さいと歯並びだけでなく、鼻づまり、ぜんそく、いびき、姿勢の乱れにも影響が。骨の成長を利用した顎顔面矯正で根本的な治療を|前田歯科|前田秀朗 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
「顎顔面治療」で、あごの正しい成長を促し、歯を本来の正しい位置に
子どもの歯から大人の歯へ生え変わる時期、顎の骨も活発に成長します。ですが、近ごろでは、顎の未発達が原因で歯並びに問題がある子どもが増えていると言います。矯正治療と言えば歯並びをきれいにするイメージですが、その根本的な原因から解決する「顎顔面矯正」があるのをご存知ですか? 顎骨の成長を促し、顎全体のバランスを整えることで、本来の正しい歯列に導く子どもの矯正治療があるんですよ。今回は、「前田歯科」の院長、前田秀朗先生に、顎顔面矯正について伺いました。成長段階にある子どもだからこそ効果的な治療法があることを、是非知ってもらいたいと思います。

笑気吸入鎮静法について|川本博也先生|おりづる歯科医院(安佐南区・川内)

「笑気吸入鎮静法」で、我慢しなくてもいい、怖くない、痛くない歯科治療 静脈内鎮静法・筋肉内鎮静法・全身麻酔|おりづる歯科医院|川本博也先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
「笑気吸入鎮静法」で、我慢しなくてもいい、怖くない歯科治療
「歯医者さんが怖くて治療が受けられない」という方は大人でも大勢います。ましてや、小さなお子さんや知的な障害がある方だと、恐怖心や不安を素直に表現するので、泣いたり暴れたりして適切な歯科治療が受けられないこともあります。そんな方を思いやる「笑気吸入鎮静法」という方法があるのをご存じですか? 恐怖心や痛みを和らげ精神的にリラックスした状態で、楽に歯科治療を受けることができるんです。
今回は、「おりづる歯科」の院長、川本博也先生に、歯科治療の「笑気吸入鎮静法」について伺いました。大学時代は歯科麻酔がご専門で、障害者の歯科診療にも詳しい川本先生のお話からは、「どんな方でも通える歯科にしたい」という思いが伝わってきます。

予防歯科について|森下真行先生|もりした歯科クリニック(安佐南区・東原)

フッ素・シーラント・デンタルフロスで虫歯予防 PMTCで歯周病予防 痛くなる前に歯科に行こう|もりした歯科クリニック|院長 森下真行 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
子供も大人も、痛くなる前に歯医者さんへ。
たとえば、血管年齢や肺年齢など、健康レベルを分かりやすく「年齢」で表現することが多いですが、「歯年齢」というのは聞いたことがないですよね。そう、「歯」に老化は関係ないからです。つまり、歯は自分がしっかり守っていけば健康に保てるもの。正しい予防知識があれば、一生自分の歯を使い続けることができるのです。今回は、「もりした歯科クリニック」の院長、森下真行先生に、子供から大人まで、歯の予防に関する様々なアドバイスを頂きました。最近、治療のためではなく予防のために歯科に行く大人が増えているそうです。しかも、歯科に行くのを楽しんでいる?!そんなお話も聞けましたよ。

子供の歯科矯正について|長谷川拓郎先生|さくら矯正歯科クリニック(安佐南区・山本)

小児歯科矯正は何歳から? 子供の歯並び・噛み合わせ・あごの発育|さくら矯正歯科クリニック|院長 長谷川拓郎先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
教えて! 子供の歯科矯正、何歳から始めるべき?
子供の歯科矯正って分からないことがいっぱい。「始めるタイミングはいつ?」「子供のうちに矯正した方がいいの?」「親の役目は?」などなど。そもそも、うちの子は矯正治療が必要なのかしら?!そんな子供の矯正にまつわる素朴な疑問に、さくら矯正歯科クリニックの院長で日本矯正歯科学会認定医である長谷川拓郎先生が答えてくれました。

正しい歯磨きと定期ケア|湯浅賢一 先生|医療法人 大原駅前歯科(安佐南区・伴東)

定期的なクリーニングと正しい歯磨きで健康な歯を|医療法人 大原駅前歯科|湯浅賢一 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
心地よい定期ケアと正しい磨き方で大切な歯を守りましょう
毎日の歯磨き。しっかり磨いているつもりでも必ず磨き残しが…。また、電動歯ブラシも正しく使わないと歯が摩耗したり歯茎が痩せてしまいます。
今回は、安佐南区伴東(大原駅前)の「医療法人 大原駅前歯科」湯浅賢一院長に、家庭でのブラッシングと歯科医院でのクリーニングについてお伺いしました。
虫歯や歯周病を予防するには「正しい磨き方」と「定期的なクリーニング」のWケアが重要です。
クリーニングの心地よさとツルツルの歯を知れば、きっと定期ケアが楽しみになるはず。
子どものうちからしっかりケアする事はもちろん、虫歯や歯周病の経験者も年齢を問わず「気付いた時がスタート」です。治療だけでなく予防ケアの場所として歯科医院を活用し、健康な自分の歯を1本でも多く持ちましょう。

むし歯菌・歯周病菌を的確にコントロール/歯周内科治療|有田 竜二 先生|有田歯科医院(中区・小町)

口の中のむし歯菌・歯周病菌をコントロールする歯周内科治療。歯周病菌のDNA検査で確実な治療が可能に。バクテリアセラピーとともに、口だけでなく体全体もケアして体質改善へ。|有田歯科医院|有田 竜二 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
最新のむし歯・歯周病治療「歯周内科治療」「バクテリアセラピー」について
食事のあと歯を磨かない人はほとんどいませんよね。毎日歯磨しているのになぜむし歯になったり、歯周病になるのでしょう。
口の中にはもともとむし歯や歯周病の原因菌も含む、約400〜700種類の細菌が存在しています。むし歯や歯周病を防ぐには、悪玉菌をできるだけ減らし、歯だけでなく体にも有益な善玉菌を増やす、という口の中の細菌コントロールがたいへん有効に作用することをご存知でしょうか。
今回は、中区小町にある有田歯科医院の有田竜二先生に、細菌をコントロールして健康な口の状態を保つ歯周病内科治療について詳しくお話をうかがいました。最新の検査方法や治療方法をいろいろと教えていただきましたよ。ご一読ください。

気をつけて!「お口、ポカン」と「口呼吸」|土井伸浩 先生|土井ファミリー歯科医院(安佐南区・上安)

気をつけて!「お口、ポカン」と「口呼吸」|土井ファミリー歯科医院|土井伸浩 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
気をつけて!「お口、ポカン」と「口呼吸」
10歳頃になると男女共に罹患率が50%を超えるという「歯肉炎」。
そんな歯肉炎の子どもたちによく見られる「口呼吸」や「お口、ポカン」の弊害はそれだけではありません。
今回は、全身との関わり合いや口腔機能を含めた包括的な診療を行っている「土井ファミリー歯科医院」の土井伸浩院長にお話をうかがいました。
土井先生は日本歯周病学会歯周病 専門医・指導医と日本口腔インプラント学会 インプラント専門医のダブルライセンスを持ち、歯牙移植も数多く手がけるスペシャリストである一方、講演や研究などでお忙しい中、農業にも勤しみ、地域の子どもたちへの啓蒙・普及活動などにも取り組んでおられ、バイタリティと探究心に満ちた、明るく楽しい先生です。

口腔外科疾患なら全身麻酔下での手術までする歯科医師|中井弘毅 先生|中井歯科口腔外科医院(中区・紙屋町)

口腔や咽頭、顎、顔面、頸における炎症性疾患や外傷性疾患、腫瘍性疾患などについて、時には外科手術によって治療を行う口腔外科|中井歯科口腔外科医院|中井弘毅 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
顔面や頸部、顎を開く手術は何科の担当?
むし歯が悪化したら……歯周病が悪化したら……最悪の状況に陥ったと想定して、歯がなくなるイメージはあっても、まさか命に関わるとは思いませんよね。
ところが実際には、1本のむし歯や歯周病が原因で、命に関わるような手術が必要になることもあるのです。その手術を担当するのは外科の先生? いえいえ、口腔外科医が担当します。
口腔外科は、歯が原因または口腔や顎(あご)などに関連したことであれば、顔面や頸部を開く手術もする、歯科医の中でも選りすぐりのスペシャリストなのです。
今回は広島市中区にある中井歯科口腔外科医院の院長、中井弘毅先生に、口腔外科と一般歯科の違い、口腔外科と外科医の違いといった基本的なことをはじめ、口腔外科の先生方が一体どのような医療に関わっていらっしゃるのかについて、たくさんお話をうかがってきました。今まで知らなかった歯科医療の一端を垣間見る事ができますよ。

口腔ケア・摂食嚥下リハビリテーション|藤本文彦 先生|藤本歯科クリニック(呉市・阿賀北)

多種連携でしっかりサポート。口腔ケア・摂食嚥下リハビリテーションでQOL向上|藤本歯科クリニック|藤本文彦 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
多種連携でしっかりサポート。口腔ケア・摂食嚥下リハビリテーションでQOL向上
皆さんは「口腔ケア」と聞いて、どのようなケアを思い浮かべますか?
お口の中を清潔に保つことや義歯などをきちんとメンテナンスすることは、虫歯や歯周病、口臭などの予防になりますが、「口腔ケア」で行われるのはそれだけではありません。
歯肉・頬部のマッサージ、食事の介護、口腔乾燥予防、咀嚼・摂食・嚥下や発音・構音のトレーニングなど多岐にわたり、誤嚥性肺炎の予防、インフルエンザの罹患率低下、食欲増進、味覚の保持、上肢や手指のリハビリなど、実にたくさんの効果があるんです。そのことによってコミュニケーションの円滑化をはかることができたり、爽快感を得ることができたり、食事をおいしく食べられるようになったり、人が生きていく上で大事なQOLを大きく向上させます。
今回は呉市で多職種チームを組んでの訪問診療など、介護現場においても積極的な取り組みを行っておられる「藤本歯科クリニック」藤本文彦院長にお話をうかがいました。

子どもの歯/CTを使った高精度診断 |山脇典士 先生|山脇歯科(安佐南区・長楽寺)

「歯磨きを嫌がる」「永久歯が生えてこない」子どもの歯/CTを使った高精度診断  |山脇歯科|山脇典士 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
「歯磨きを嫌がる」「永久歯が生えてこない」子どもの歯/CTを使った高精度診断
小さいうちは、生えてきた歯を1本1本確認したり、母子手帳や育児書などで成長やメンテナンス方法について勉強したりと、パパやママが細かく面倒をみることの多い子どもの歯ですが、幼稚園・保育園〜小学校にかけては歯が生え変わったり、虫歯になりやすい奥歯が生えてきたり、虫歯になったりと、お口の中に様々な変化が起きます。
今回は、安佐南区長楽寺「山脇歯科」の山脇典士院長に、子どもの歯の生え変わりや6歳臼歯に関する疑問、保護者が気を付ける点などについてお聞きました。
最新機器を導入することで原因や病状を極力見逃さず、丁寧な説明と治療、予防メンテナンスに力を入れられている山脇院長。CTを使ってどのようなことができるのか、という話も教えていただきました。

親知らずの抜歯について|河村修司先生|河村歯科クリニック(南区・京橋町)

奥歯をダメにする事も!?痛んだり腫れたりする前に、親知らずの確認を。|河村歯科クリニック|河村 修司先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
奥歯をダメにする事も!?痛んだり腫れたりする前に、親知らずの確認を。
10代後半から20代前半にかけて生えてくる「親知らず」。多くの方は痛んだり腫れたりして初めて抜歯を考えるのではないでしょうか?
しかし、外科的処置である親知らずの抜歯はすべての歯科医院で対応しているわけではなく、また、患者さん側も大きな恐怖を感じるものです。
今回は、この数年で1000本ほどの親知らずを抜歯されてきた南区京橋町「河村歯科クリニック」の河村修司院長にお話をうかがいました。
親知らずの生え方は人によってさまざまですが、歯並びや虫歯、炎症、口臭、顎関節症などのリスクを抱えている場合があります。また、親知らずそのもののトラブルは抜く事で解消できても、1つ手前の歯(奥歯)まで虫歯や歯周病を引き起こす事も多いとか。
丈夫な歯を長く保つために、定期検診はもちろんですが、親知らずのチェックも含めた予防に努めてみませんか?
該当 91件   1   2   3   4   5   6  

 


 
 

■□■□ 2017年10月によく読まれた記事をCHECK! □■□■

 
喉のイガイガ、喉の違和感、異物感、喉に引っかかった感じがあるなどの不調があって、喉に意識が集中しストレスが溜まっていることはありませんか?

朝、起きた時に手や足の指が動かしにくい…「朝のこわばり」を感じたらチェックして。関節リウマチは高齢者特有の病気ではありません。

社会不安障害、パニック障害、強迫性障害など…強い緊張や不安によって様々な場面で起きる「不安障害」は、こころではなく脳の病気。

命にかかわる病気ではありませんが、経過観察と言われたら生理の変化に気を付けて。過多月経や月経痛がひどくなるなどの場合は早めに産婦人科に相談しましょう。

多くの種類があって発作の現れ方は様々。「てんかん」は決して珍しい病気ではありません。


Produce : WCMS Developed : Netprompt